つばめ中央自動車学校(おすすめスポット)

新潟県
つばめちゅうおうじどうしゃがっこう

つばめ中央自動車学校

〒959-1284 新潟県燕市杣木3267

新潟県公安委員会公認

  • 教習所基本情報
  • 料金表・入卒日
  • 宿泊施設
  • 交通アクセス
  • 卒業生の声
弥彦神社
弥彦神社 美しい杉並木の参道を通り抜けると、金飾りのついた奥ゆかしい神殿が鎮座している。
御祭神は天香山命「アメノカゴヤマノミコト」で神武天皇から越後国開拓の命を受け、住民に海水から塩をつくる技術、漁、稲作、農耕術などを伝えたとのこと。
そのため地元では産業の神様なのだそうだ。
二年参り、初詣の参拝客数は県内No.1。
秋の菊祭りでも有名。
弥彦村
弥彦村は新潟県のほぼ中央部の日本海側に位置し、西は霊峰弥彦山(638m)を隔てて新潟市・長岡市と接し、東南は燕市、北は新潟市とそれぞれ肥沃な穀倉地帯を隔てて隣接しています。
古く神代(かみよ)の時代、天照大神(あまてらすおおみかみ)の曾孫の天香山命(あめのかごやまのみこと)が、日本海を渡り、弥彦山西側にあたる野積海岸(現長岡市)に上陸され、住民に海水から塩を作る方法や、網や釣針を使った漁法を教え、その後この弥彦の地に鎮座され、農耕技術など様々な産業の基礎を授けたと伝えられています。
命の去った後も、その子孫七代にわたって越後文化の基礎が作り上げられていったことから、天香山命をご祭神としている越後一の宮「彌彦神社」は、万葉の昔から「おやひこさま」の愛称で広く民衆から愛され、崇拝されてきました。
明治維新後に出雲崎民政局の支配となり、明治12年郡区改正により西蒲原郡に属し、明治34年11月1日には弥彦村、桜井郷村、矢作村の三村を合併して新生「弥彦村」が誕生し、以後今日に至るまでほとんどその形を変えることなく、100余年が経過しています。
弥彦村

▲ page top

ページトップへ戻るあ