4月の合宿免許

4月の合宿免許

4月は閑散期と呼ばれる時期になり、多くの教習所でキャンペーンを行ったりでとても安く提供し始める時期となります。GWの休みを上手に使って合宿免許プランを組む事も可能!数に限りはある為にお早めにお問合せください。

2019年のゴールデンウィークは新天皇即位に伴い10連休の大型連休となりました。普通車での合宿免許では、祝日に仮免許の発行が出来ない為に多くの教習所でゴールデンウィークの合宿プランを見直しています。しかし、上手く休みを使えばご希望の日程に沿える事も!?ゴールデンウィーク中の合宿免許でのオススメプランをご紹介します!枠数がとても少ない為、ご検討中の方はお早めにお申し込みください。

4月は学生が少なくなるため、合宿免許では閑散期に入ります。教習所側も指導員や教習車を余らせたくないため、格安で合宿免許のプランを提供し始める時期になります。繁忙期では30万円を超える合宿免許プランも、閑散期になると20万円を切る事も珍しくありません。また、普段は相部屋として利用している部屋をシングルユースとして開放するプランもあります。2月3月で免許取得が出来なかった方は4月での合宿免許がおすすめです。

●メリット
4月の合宿免許の最大のメリットは料金です。キャンペーンを利用して20万円を切る様なプランでお申し込みも可能です。その他では、教習生が少ない為にゆったりとした雰囲気で学べたり、指導員に質問できる機会が多くあるのもメリットの一つでしょう。

●デメリット
教習生が少ない事はデメリットとしてとらえる事も出来ます。合宿免許の一つのメリットである、他の地域から来ている方との交流が少なくなるためです。

4月は季節の変わり目となり、行先により服装などの持ち物で注意が必要です。それぞれの地域での注意点をご紹介していきますので合宿免許をお考えの方は参考にしてください。

【北海道・東北】
4月上旬は一部の地域で未だ寒さが残ります。日中の最高気温は20度まで上がる事もあれば、最低気温は1桁になる事が一般的です。寒暖差も大きいため、合宿免許生活で体調を崩さない様に注意が必要です。関東からお越しの方は、同じ服装で行くのではなく、ジャケットなどを持参する様にしましょう。

【関東・甲信越・東海】
関東や東海では3月後半に桜が咲き、花見のシーズンを迎えます。甲信越の一部、また北陸では約1週間~2週間位ずれて桜のシーズンを迎えるため、関東東海から甲信越や北陸に行く方は服装に注意が必要です。合宿期間中に季節が変わったかの様に気温が一気に上がる事もありますので、柔軟に対応できる服装を心掛けましょう。

【関西・四国・中国・九州】
関西より西のエリアでは4月に入ると本格的に暖かくなり、後半になると暑さを感じる日も出始めます。内陸部では夏日に迫る日もありますが、夜は未だ冷え込みます。目的地の天気予報を事前に確認を行い、日中はシャツ1枚で過ごせる服装も持参すると良いでしょう。

【沖縄】
4月はもう暑さを感じる日が多くなります。夏の様な暑さではありませんが、それぞれの出発地との気候はかなり異なりますので事前に確認する様にしましょう。

5月の合宿免許

トップページに戻る